ワ行男性A

  ラウル・グスタフ・ワレンバーグ

ワレンバーグの意識集中はサハスラーラにあります。
そこから他のチャクラへの流れから考えると、かなりの高い意識レベルにあった人だと思います。
ワレンバーグの意識振動に集中していると、勇気、余裕、そして実現という言葉が自然に内から沸いてきます。
ワレンバーグは相当な自信を持っていたと思います。
彼の青年時代の写真を測定しても、サハスラーラ振動はその時から強いものを感じます。
人の波動振動は、無意識に他人にも影響を与えます。
人は、直感で相手の意識を感じているのですが、ただその感じをはっきりと確信を持って信じることが出来ないというだけです。
自分の内から来る直感を信じられるようにしていくことはとても大事なことです。
自分の直感の見極めが出来、それが次ぎの行動に移るときのヒントになれば物事もスムースに運んで行くでしょう。
ワレンバーグは、自分の進む方向を直感的に内から感じていたかもしれません。
いやそれ以上に、直感力のある自分が「自分そのもの」という当然の意識であった。
意識振動から、そんな人に感じます。

ウィキペディア:ラウル・グスタフ・ワレンバーグ