は行男性A

  平賀源内

平賀源内のARR (2015/6/25)
平賀源内は江戸時代中頃に活躍した本草学者
生没年 : 1728年-1780年
ARRの年齢は、15歳、40歳、そして亡くなる1年前の51歳です。

15歳の意識
意識はアンテナを張っているような感じですが、特に何かに向けて思考しているといった感じはありません。
何かがやってくるのを待っているといった感じの波動です。

潜在意識は、良い意味で複雑さを抱えているといった意識です。
物事をあらゆる角度から見ながら考えて行こうとする意識を感じます。

40歳の意識
思考のポイント、アジナに明かりが灯っているといった意識です。
頭は冴えていたのかもしれません。
潜在意識は、冷静な意識状態ですが、しかもしっかりしたと安定感があります。

51歳の意識
何が起きたのか、とても心が重くなっています。

潜在意識
何か気になることがあるのか、研究のことなのか分かりませんが、けっこう頭を悩ませている波動を感じます。

ウィキペディア

  藤原 鎌足

藤原 鎌足(中臣 鎌足)のARR (2017/5/27)
飛鳥時代の政治家。日本の歴史における最大氏族「藤原氏」の始祖。
生没年: : 614年-669年
ARRの年齢は、30歳、50歳です。

30歳の意識
P1。
アジナ集中は強い方ですので、頭の働きはとても良いレベルに感じます。
特にこれといった目立った波動はありませんが、何か気持ちが落ち着かないイライラソワソワした波動を感じるので、短気な性格だったのではないかと思います。
その他では、不満の多い人といった感じがします。

50歳の意識
頭の中全体が混乱した波動になっています。
心理的な波動状態から判断すると、現代で言うと、軽いレベルですが統合失調症の波動状態に似ています。
これ以外の波動は出てきません。

ウィキペディア

  藤原 不比等

藤原 不比等のARR (2017/5/31)
飛鳥時代から奈良時代初期にかけての公卿。藤原鎌足の次男。
生没年: : 659年-720年
ARRの年齢は、15歳、35歳、50歳です。

15歳の意識 
P5。 
振動や集中レベルは、天才とまではいきませんが非常に高いIQの持ち主と感じました。
IQが高い、または天才レベルの人物は、P度も高いのが普通です。
この年齢の意識は、いろいろなことがすぐに理解できるという余裕か、非常に落ち着きのある安定した意識に感じます。

35歳の意識   
15歳の集中意識を考えると、この年齢になるとさらに集中力や意識レベルが上がっているのではと期待しましたが、集中力は少しブレーキがかかっている感じです。
意識レベルもP4と下がっています。
自分の周りのことに気をとられてしまったのかもしれません。
意識はとても冷静で全体をよく見ているといった感じですが、いろいろなことの画策のために心労が重なっていたのかもしれません。

50歳の意識   
P3
集中力、それに気力も落ちている感じで、前向きな勢いも薄らいでいます。
15歳のころの意識と比較すると、別人になっている感じです。
何があったのか、元はとても良い意識レベルだったのがこうなってしまうには何か理由があると思います。

5年後の55歳のARRでは、かなり息苦しい波動を感じるので、50歳前からすでに病気を抱えていた可能性もあります。

ウィキペディア