か行女性A

  高台院(北政所/おね・ねね)

高台院は豊臣秀吉の正室。
高台院の意識は、千姫の意識波動と同じく気品のある波動です。
ただ、千姫と違うのは、千姫が人当たりの柔らかい波動に比べ、高台院はかなりしっかりした毅然とした態度を示す女性に感じます。
豊臣秀吉の正室だからというのではなく、その素質を持った人だと感じます。
現代風に言えば、ハタから見れば、お嬢様でかなりお高くとまっているといった感じに取られてもおかしくない意識です。
しかし、それはしっかりとした意識を持っているといったもので、性格的にはネガティブは少しもありません。
高台院が千姫と姉妹関係だとすれば、高台院は駄々っ子の千姫をお姉さんとしてしっかり面倒見るといった性格と思えば分りやすいでしょう。

また、高台院の意識には自分の感情をコントロールしようとする波動も感じます。
自分を知っている人とも言えます。
気づく力を持った人で、いろいろと考えることも多かったと思うので、内的な気づきが自然に自己成長を促したのかもしれません。

高台院と違って、千姫はこの気づく力、自分を変えるまでは行かない人です。
お嬢様、お姫様意識にも、それぞれの意識で感じが変わってくるものです。

高台院は、意識的にも本当に豊臣秀吉の正室としてふさわしい人という感じで、この二人はベストカップルです。

ウィキペディア:高台院     高台寺掌美術館

  春日局

江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母。「春日局」とは朝廷から賜った称号。
冷静沈着、思考の振動も強く、物事を研究、探究する人に多い意識です。
何事もどっしりと自分の中に落とし込んで考えるタイプ。
感情的なものは無く、動じず、とことん冷静に自分を保つ人。
とにかくこのような驚くほどの冷静な意識は、女性の中ではほとんどいません。
男性でも少ないかもしれない。

生まれつき持っていたものかも知れませんが、いつも変化しないこのような意識を保てるのは何か意識のコツを知っているのかと聞きたくなるほどです。
人間的ネガティブ性も一切無く性格的にもまじめなので、この意識では自分のスキも全く見せないと思うので周りの人もソバにいると緊張しただろうと想像できます。
女性としては、というより人間としてこの意識は、高い段階の修行を終えた人という感じです。

ウィキペディア:春日局